00

2009年「地元を元気にしたい」おなじ思いをもつ4人が出合いました。

すんでいる地区も興味のあるテーマもバラバラで、いったい何をどうすれば

良いかわかりませんでした。

でも「地元を元気にしたい」という思いだけは揺るぎないものでした。

それがAzuma-re のはじまりです。

 

 

 

 

01

そんな時、市民活動やコミュニティをサポートする「中間支援」という活動に出会い

これなら地区やテーマが違ってもまちづくりができるのでは。

団体の事業が決まりました。

Azuma-re(あづまーれ)と 方言で「集まれ」

年齢・肩書き・地域など関係なくあつまれ という意味がこめられています。 

 

 

 

 

02

気候変動、地震、放射能問題、人口減少、高齢化、未婚率

空家・単独世帯の増加、経済格差、医療、介護、エネルギー

日本全体がたくさんの課題に直面するいま地方はコミュニティ

守っていくにはどうすればよいのでしょうか。

 

 

 

 

03 

近所の店がなくなり 空家が増え 祭りもなくなり 

学校もなくなり

「人と人とのつながり」 「地域とのつながり」 「伝統文化とのつながり」 

「地域と子どものつながり」 

つながりを紡ぐ場がどんどん減っています。

 

 

 

 

04

人がつながるための新しいしくみ

行政・企業・住民が水平な立場で 考え 行動するための新しいしくみ

Azuma-reは「そこに暮らす人びと・参加する人たちが主役のまちづくり」

プランニングしています。詳しくは【事業の内容】をご覧ください。  

                                CONTACT

 

 


概要 | 利用規約 | プライバシーポリシー | サイトマップ
コミュニティ 地域 プランニング