長谷川新聞店マスタープランWS③

「木を見て 森を見ず」から「木を見て 森を見る」へ


前回、ビジョン『長谷川新聞店が10年後どうなってたらよいか』のアイディアを出し合いグルーピングしました、今日はそれを1行の文章にするワークをおこないました。

後半、道の真ん中をフラフラとあるく、おばあちゃんをスタッフのOさんが見つけ、お店の前でやすませ、たまたま通りがかった警察に保護してもらいました。

軽いハンディキャップがある方で、たまに散歩している姿を私も見かけます。でも、いつもの散歩も、この暑さだと熱中症や、意識がもうろうとしてしまったり、危険ですね。