ジオパーク構想

昨年度より栗原市が推進している「ジオパーク構想」
栗原の資源を活用し観光・防災教育を柱とした地域づくりをおこなう手法です。

 

運営母体は市長をトップとした推進協議会。協議会メンバーは、行政・学校・商工会・JA・NPO等、36団体からなっています。組織全体を大まかに言うと

 

協議会(36団体)⇔運営委員会(20名)⇔4つの専門部会(防災教育、広報宣伝、観光ツーリズム、ガイド、各8~14名) 

 

と、かなり大きな組織編成となっています。当法人は広報宣伝部会に参加させて頂くことになりました。